{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

2024/09/30 23:59 まで販売

【動画受講セミナー】松下耕「合唱のためのエチュード全100曲 楽曲解説講座・シリーズ2」

9,000円

送料についてはこちら

2022年8月から11月にかけて5回にわたって行われたオンラインセミナーのアーカイブ動画を期間限定で販売いたします。 シリーズ2を受講いただけなかった方は、この機会をぜひお見逃しなく! *** 2018年にパナムジカより出版された「合唱のためのエチュード」(全6巻)に収録された全100曲について、その音組織や狙いを作曲者の松下耕氏自らに解説していただき、この練習曲集の正しく、そして効果的な使い方を学ぶセミナーです。 指揮者・指導者・合唱団員はもちろんのこと、作曲家を目指す方、楽曲分析に興味がある方など、様々な方に受講いただけます。 内容 第1回《16.うし》《17.かえるが そらを》《18.てんとうむし》 第2回《19.いろはに つねこさん》《20.小鳥が逃げた!》《21.ゆきがとける・前半》 第3回《21.ゆきがとける・後半》《22.松山のお稲荷さん》 第4回《23.にわとり》《24.母子の子守唄》 第5回《26.おしろ》《27.地球は》《28.よるのさかな》 収録時間 各回とも約90分 受講料 5回通し9,000円 ※各回ごとの受講設定はございません。 お申込期間 2024年9月30日(月)まで 動画視聴期間 2024年10月31日(木)まで テキスト 合唱のためのエチュード1 <初級編・上> 第1回~第2回 合唱のためのエチュード2 <初級編・下> 第3回~第5回 『合唱のためのエチュード』導入書 演奏のための手引き ※テキストはパナムジカなどでお求めください。 【講師プロフィール】 松下耕(まつした・こう) 1962年東京生まれ。作曲家、合唱指揮者。国立音楽大学作曲学科首席卒業。卒業後、ハンガリーに渡り、合唱指揮法及び作曲法を学ぶ。レメーニ・ヤーノシュ、エルデイ・ペーテル、モハイ・ミクローシュ他に師事。    作曲家として生み出している作品は、合唱曲を中心として多岐にわたり、それらの作品は世界各国で広く演奏されており、同じく楽譜も、国内外で出版が相次いでいる。これまでに、国内およびポーランド、中国、台湾において個展が開催された。 同時に、東京合唱アライアンス〈耕友会〉芸術総監督として、混声・男声・女声・児童合唱計13団体の指揮を務めている。各合唱団は精力的な活動を繰り広げ、ヨーロッパの数々の国際合唱コンクールにおいて、グランプリ等優秀な成績をあげている。  作品は、国内ではカワイ出版、音楽之友社、パナムジカ出版、東京国際合唱機構などから、海外では、カルス出版(ドイツ)、スラソル出版(フィンランド)などから出版されている。  2005年、合唱音楽における国際的かつ優れた活動が認められ、「ロバート・エドラー合唱音楽賞」をアジア人で初めて受賞した。   2023年、国際コダーイ協会より名誉賛同者(Distinguished Patron)に任命される。  2023年、トルコ・イスタンブールで開催された世界合唱シンポジウムで、シンポジウム初となる『国際作曲マスタークラス』の講師を務める。  2023年、ポーランド宗教音楽研究所より、最優秀宗教音楽家として表彰される。  第91回(2024年度)NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部課題曲「明日のノート」作曲家。 一般社団法人東京国際合唱機構代表理事。耕友会芸術総監督。うたフェスJAPAN、東京国際合唱コンクール総合プロデューサーおよび芸術監督。日本国際合唱作曲コンクール芸術監督。元神戸女学院大学特別客員教授。 ※この動画配信セミナーは、2022年8月~11月に行われたオンラインセミナーのアーカイブ動画となります。視聴期間中、お好きな時間に何度でもご覧いただけます。 ※動画は「vimeo」を利用して配信いたします。PC、スマートフォン、タブレットのいずれからでもご視聴いただけます。会員登録は必要ありませんが、スマートフォン、タブレットをご利用になる場合は、あらかじめVimeoアプリをインストールされることをお勧めします。 ※お申込み・お支払い完了後、動画のURL記載したメールがお手元に届きます。お申込み後、2日経ってもメールが届かない場合は、弊社までご連絡ください。携帯電話の迷惑メールフィルターの設定で、@choruscompany.com からのメールを「受信する」にしてください。

セール中のアイテム